面接の基礎知識|ナース求人サイトを口コミと評判を交えて徹底比較!


面接の基礎知識

病院の傾向さえつかんでおけば大丈夫

看護師の面接風景

看護師さんは一般の業種の転職活動とは違い、面接からの合格率が高いことが知られています。 あまり構えすぎずに、いくつかのコツだけ頭に入れておけば問題ないでしょう。

そのコツについて、一般的なことはこちらに記載しますが、 見られるポイントや聞かれることは転職先によってまちまちです。


過去に転職した人はどんなことを聞かれたのか、 事前に転職サイトのコンサルタントに聞いておくのが最も安心です。


見た目で足切りを食らわないように注意

面接ほど第一印象で損をしてしまう場面もありません。「見た目が派手だから」などの理由で不採用に なった人を何人か見てきました。派手だからダメということではなく、面接で派手にしていることで「協調性にかける」「空気が読めない」と 判断されるということです。

就活中の学生をイメージして、派手さは控えて、かなりおとなしいくらいの格好で挑んでおいて損は無いでしょう。 但し、美容系などの外見を見られるところでは華美さは控えた上でキレイに見えるような工夫は必要でしょう。

服装:出来ればスーツ、無ければジャケットが◎。アクセサリーも身につけていない方が望ましいです。
化粧:ナチュラルメイクにしましょう。スッピンもNGで
靴:パンプスが望ましいです。ヒールが高い(5センチ程度)ものや、サンダルは控えましょう。
髪の毛:長い場合は束ねておいてください。明るい色も好ましく有りません。
爪:マニキュアは控える方が無難です。


面接ではハキハキと、アナウンサーを意識して

ここで見られるポイントとしては、「一緒に働きたい人か」患者さんと上手にコミュニケーションできるか」です。 大人しすぎるのも好まれませんが、聞かれてもいないことを話しすぎるのも好まれません。 テレビアナウンサーのように、笑顔でハキハキと受け答えすることだけ心がければ問題ありません。


話す内容における注意事項

談笑で進む面接

面接ではあなたの看護観やこれまでの仕事内容、退職理由などを聞かれますが、退職理由の説明には注意してください。 どうしても「残業ばかりで」「師長さんがダメな人で」などの
前職の悪口が出そうになりますが、これは絶対に控えましょう。

残業や休暇などの要望があれば、退職理由とは一端分けて話をすることが望ましいです。 自分のステップアップとして転職したことを話せるように準備しましょう。

上記のことをひと通り頭に入れて面接に挑めば、問題ないでしょう。どうしても心配だという方は、
先輩の看護師さんや転職サイトのコンサルタントに面接練習をしてもらえば、 安心して面接に挑めるでしょう。


次ページ>> 面接Q&A

トップページに戻る

    独占インタビュー

  1. 第五弾 明確な看護師像を持っている人は働き方も違う
  2. 第四弾 だから『看護のお仕事』は リピート率が高い!
  3. 第三弾 コンサルタントが教える ホントの転職事情
  4. 第二弾 テーマは「誠実さ」ナースパワーのこだわりに迫る
  5. 第一弾 看護roo!が語る 転職の掟 

1分無料診断! 看護師転職サイト診断ツール!

無料で使えてその上お金までもらえる! 転職サイトの使い方講座

ナースのための転職ノウハウ大特集

データで見るナースのお給料

院内人間関係マニュアル

気になる転職サイトの口コミ特集 各求人サイト利用者に聞きました!

ナースのお悩み大特集